妙涌寺

ようおいで下さいました。私たちは大阪府大東市にある法華宗(本門流)のお寺です。

 

法華宗について

法華宗は、建長5年(1253)4月28日に、日蓮大聖人がはじめて「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」と唱えられたときに始まります。法華経に基づいて信心をすすめ、この世の中に真の幸福な世界を築くことを目的としています。


はるか遠い昔からの釈尊のご信仰を受け継いだ、宗祖日蓮大聖人の教えを、そのまま今に伝える唯一の宗派です。

IMG_9500.JPG
 

妙涌寺開基 木村秀龍上人のあしあと

〜法華宗機関誌「無上道」四月号より〜

IMG_9501.JPG

去る平成三十一年二月三日、妙涌寺開基・木村秀龍(廣導院日成)上人が、法寿八十九歳を以て御遷化された。
上人は昭和六年に大阪市にて生を享け、昭和三十二年に野村日政上人の下出家得度し、同年大本山本興寺に入寺昇堂された。その後、昭和三十九年興隆学林研究科を卒業され、布教の第一線に立たれるやいなや、祖願を成就するべく勤加精進され、昭和四十二年大阪府大東市に新たな法華の道場「地涌教会」を設立された。
上人は持ち前の行動力によって瞬く間に壇信徒を増加させ、その後の昭和五十一年には地涌教会を「妙涌寺教会」の名称に変更され現在に至っている。
また地域に根ざした布教活動にも積極的に取り組まれ、昭和四十五年より現代における寺子屋の役割を目指した「ローラン文化教室」を開講された。その内容は書道・茶道・英会話・料理など多岐に亘り、ご年輩の方から若い世代まで幅広い市民が教室に集うこととなった。

IMG_9621.JPG

また上人は寺観整備にも尽力され、平成七年には上人や壇信徒が切望された本堂・庫裏・客間等の新築建立の浄業を成し遂げられた。教区内においては大阪教区布教師を、また宗祖七百遠忌奉讃会大阪教区委員などの要職を歴任され、宗勢発展の為に貢献された。
本葬儀は二月六日、妙涌寺教会において大阪教区宗務所・末澤禎隆所長の導師の下、組寺・法縁・法類・教区管内僧侶や御寺族、そして上人の教化によって法華信仰を得た多数の檀信徒が見守る中、厳かに執り行われた。ここに上人の自受法楽を謹んでお祈り申し上げます。(菅原義隆 報)

 
IMG_9606.JPG

鬼子母神とは

鬼子母神は安産や育児の神です。法華経護持の神でもあります。天女が胸に子どもを左手で抱いて、右手には吉祥果を捧げています。鬼子母神は、日本だけでなくインドでも安産、子育て、子宝に恵まれるとされています。


鬼子母神はまた、『近光明最勝王経』や『孔雀王』で法華経護持の神として説かれていて、日蓮宗のお寺でも見ることができます。

鬼神槃闍迦の妻で1万の子どもの母と言われている鬼子母神は、常に他人の幼児を食う悪女で、見かねた釈迦が、人間を救うと同時に、鬼子母神を救済しようと、愛奴児という鬼子母神の末子を隠してしまいました。


鬼子母神は世界中を7日間探し回って、釈迦に助けを求めたところ、子を失う母親の苦しみを悟らせ、仏法に帰依させました。手に持ってい るざくろは、釈迦が人間の子供を食べる代わりに食べるようにと手渡したとされています。


ざくろにはたくさんの種がありますから、豊穣のシンボルともされています。ざくろは魔除けの力があるとも言われています。

 

石塔の由来

当寺にお祭りするこの石塔は、四国吉野川の上流より取り寄せたもので、通称妙切りの題目石と申して、悪しき因縁を断ち切り開運に導かれる妙不可思議な霊力のある石塔でございます。


いろいろの願い事のある人や、水子さんの事で心を痛めている人等、この石塔に合掌、礼拝し、祈りを捧げるならば、きっと願いが叶い、開運に導かれるでありましょう。

合掌

IMG_9620.JPG
 

妙涌寺の活動について

親から子へ 地域のために 人のために

IMG_0258.jpeg
IMG_9607.JPG
img_top_kt.jpg

法事・供養随時受付

お電話、メール、または下のお問い合わせからご連絡下さい。

地域・檀信徒との交流

先代の意志を継ぎ、木村明龍住職が積極的に活動を行なっています。

ローラン教育学院

地域の子どもたちの学力向上に寄与しています。
http://www.loran-net.com/

 

お問い合わせ

法華宗(本門流)妙涌寺 住職 木村 明龍

大阪府大東市津の辺町18-27

電話:072-877-5777

Fax:072-877-5877

 

©2019 by 法華宗(本門流)妙涌寺。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now